ロゴ
Home>アーカイブ>実務者研修の受講にはどんな方法が選択可能なのか

通信で実務者研修を受講する

実務者研修を受講するためには、通学だけでなく通信教育で学ぶことが可能です。働きながら学ぶことが多い実務者研修は、学ぶ人の9割が通信教育を選んでいます。実務者研修の基本研修時間が450時間・6か月と定められていますが、取得してる資格があると受講科目の免除を受けることができます。通信で学ぶことによって、研修時間に定められている科目を自宅で学ぶことができるため、働く人は通信教育を選んでいます。

実務者研修の受講方法

食事

直接指導を受けることができる通学

スクールの通学コースで受講が可能です。通学するメリットは、経験豊富な講師の方々から直接学ぶことができ、経験談や最新情報などの入手がしやすく直接指導でスキルアップしやすい点です。ただし、通学の場合には、受講日に自分のスケジュールを調整しなければならないというデメリットと費用が通信よりも若干高めになってしまう可能性があります。

自分のペースで学ぶことができる通信

通信で学ぶときには、自分の都合のよいときに学ぶことができ、仕事や家庭での時間を過ごしながら学習することが可能です。テキストなどで学びながらときには指導いただく学習スタイルになり、自分の都合に合わせて学ぶことができますが、モチベーションの持続が必要になり、自分で学習ペースを管理する必要があります。また、介護過程?と医療的ケアは通信ではなく通学での受講が必須です。

民間スクールではなく、ハローワークを利用する方法

ハローワークでの職業訓練を利世数ると、実務者研修の受講が可能です。費用が安いというメリットがありますが、開催場所が限られていて、地域によっては不便な場合があります。一般的には通学での学びとなる他にも、平日の日中という学習時間のみなため、都合に合わないというデメリットが発生します。また、ハローワークの場合には募集人数に限りがるため、定員に達した時点で、次回募集時での利用となります。

実務者研修の受講にはどんな方法が選択可能なのか

食事

実務者研修の試験と合格率

実務者研修の試験は、スクールごとで合格基準が異なります。そのため、合格率はどこのスクールでも出ていません。ただし、ほとんどのスクールでは、試験が不合格であっても追試を行うため、合格率はほぼ100%といわれています。ほぼという理由は、途中で受講生が辞退してしまって、試験まですすまないことが原因です。試験まで学べばほぼ合格が可能です。

広告募集中